Since 2011-08-01  

Top|Profile|練習&公演予定|団員募集|指導者紹介|Link|団員専用






随時団員を募集しております。当団に興味を持たれた方は、団員募集ページをご確認の上、お問い合わせください。
meishi2014


※迷惑メール対策のため直接メール作成はできません。大変お手数ですが上記画像内のアドレスにメール送信をお願いいたします。


※当サイトはスマートフォン・携帯電話からもご覧いただけます。


平野 桂子(ひらの けいこ) ♪第17回,14回,12回,10回,8回定期演奏会 指揮者




 洗足学園音楽大学器楽専攻科卒業、オーボエを小林裕・安原理喜・伊東万紀、 同大学附属指揮研究所にて秋山和慶・増井信貴・川本統脩、スコアリーディングを島田玲子・西川麻里子の各氏に師事。
 これまでに「魔笛」「カルメン」「愛の妙薬」「フィガロの結婚」「ラ・ボエーム」「こうもり」「ヘンゼルとグレーテル」他を指揮、 その他数々のオペラ・ミュージカル団体において「蝶々夫人」「オテッロ」「アイーダ」「ルイーザ・ミラー」「椿姫」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「ランメルモールのルチア」「十字軍のロンバルディア人」「ジョコンダ」「ノルマ」「ドン・ジョヴァンニ」「泥棒とオールドミス」「赤鬼と青鬼」「河童譚」「御柱(長野県岡谷市共催)」等の指揮アシスタントを務める。
 2013年には東京芸術劇場にてミュージカル「ペテン師と詐欺師」を指揮、8月岩手県久慈市にて久慈市文化会館初オペラ公演「ドン・パスクァーレ」を NHK 交響楽団メンバー他と共演、好評を博す。文化庁「次世代を担う子どもの文化芸術体験事業」に参加。
 2018年 2月、文京区民オペラ「愛の妙薬」指揮予定。 ウィーン在住、Prof. Maksimilijan Cencic(元ウィーン国立歌劇場指揮者)に師事。



松岡 究(まつおか はかる) ♪第16回,15回,13回,11回,9回定期演奏会 指揮者


 成城大学卒。指揮を小林研一郎、ヨルマ・パヌラ、ランベルト・ガルデッリに師事。音楽学を戸口幸策に師事。1987年、ドニゼッティー「ビバ・ラ・マンマ」でデヴュー。1991年文化庁在外派遣研修員として、ハンガリー・ブダペストに留学。小林研一郎、ランベルト・ガルデッリの下で研鑽を積む。その間スウェーデン・アルコンスト音楽祭にヨルマ・パヌラより招待され、タリン国立歌劇場管を指揮。「卓越した才能」と激賞された。帰国後は主に東京オペラプロデュースを中心に数々のオペラを指揮。
 93〜96年新神戸オリエンタル劇場では常任指揮者としてオペラとコンサートをプログラミング・指揮した。また特にオペラで日本初演した作品は数多い。グノー「ロメオとジュリエット」、ワグナー「恋愛禁制」、ベルリオーズ「ベアトリスとベネディクト」、ヴェルディ「2人のフォスカリ」「一日だけの王様」、ロッシーニ「とてつもない誤解」、「ランスへの旅」(日本人による日本ロッシーニ協会による初演)、R・シュトラウス「無口な女」(舞台初演)、ドニゼッティー「当惑した家庭教師」、ビゼー「美しいパースの娘」、ヘルマン・ゲッツ「じゃじゃ馬ならし」。これらはいずれも各界から大きな反響と高い評価を獲得し、新聞各紙、音楽雑誌などで絶賛された。この他にも、R・シュトラウス「カプリッチョ」、ブリテン「ねじの回転」(新国立小劇場)等も高い評価を受けた。
 1987年〜2008年東京オペラプロデュース指揮者として活躍。2009年〜2012年日本オペレッタ協会音楽監督を歴任。2004年11月より2007年10月まで、ローム・ミュージック・ファンデーションの在外研修生としてベルリンにて研修。2009年4月より東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団専任指揮者を経て、2012年9月より常任指揮者に就任。





福田 光太郎(ふくた こうたろう) ♪10周年記念演奏会 指揮者




 1981年生まれ、富山県出身。東京藝術大学卒業。東京音楽大学大学院およびウィーン・コンセルヴァトリウム音楽大学にて指揮を専攻。佐渡裕、加納明洋、汐澤安彦、広上淳一、曽我大介、ゲオルク・マルク、トーマス・ドス各氏に師事。また下野竜也、アンドレス・オロスコ=エストラーダ、ヨルマ・パヌラ各氏のマスターコースを受講。すべてのマスターコースにおいて成績優秀者によるコンサートの指揮者に選ばれる。
 藝大在学中より指揮活動を始め、市民オペラ団体などで副指揮者、合唱指揮者として経験を積む。2004年にはフジテレビ主催、ニューヨーク・シティ・オペラ共同制作による「世界平和祈念コンサート」の合唱指揮を務めた。東京藝術大学大学院生を中心とした「ギフト・ミュージックカンパニー」や東京国際芸術協会(TIAA)のオペラ公演、ガラ・コンサートの指揮、また現代作品でも国際芸術連盟(JILA)会長、服部和彦氏の作曲個展の指揮者として招かれるなど、多方面で活動している。
 これまでにルガンスク・フィルハーモニー管弦楽団、ルセ・フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢など国内外のオーケストラを指揮。平成26年度北日本新聞芸術選奨受賞。



田村 博文(たむら ひろふみ) ♪トレーナー(弦楽器)


 1956年東京生まれ。75年、武蔵野音楽大学器楽科入学。79年卒業。
 同年、読売日本交響楽団入団。1985年西独ケルン、ボンに留学。86年帰国、読響に復職。ヴァイオリンを、山口元夫、掛合洋三、岡山潔、ウルリッヒ・アルスフィートの各氏に師事。





林 一公(はやし かずまさ) ♪トレーナー(弦楽器)




 桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業後、1997年読売日本交響楽団に入団。2002年アフィニス文化財団海外研修員としてドイツのバンベルクで一年間研鑽を積む。



中山 達也(なかやま たつや) ♪トレーナー(管楽器・合奏指導)


 15歳よりオーボエを始める。横浜市立桜丘高校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。ドイツ・デトモルト音楽大学に留学し、学士課程及びノルトライン=ヴェストファーレン州オーケストラセンター(修士課程)を修了。国家演奏家資格に合格。
 在独中、研修生としてマーラー室内管弦楽団の公演に参加。デトモルト音楽大学バロックアカデミーのメンバーとして多数の公演に出演。パリ、クロアチア、スロベニアヘの演奏旅行にも参加。帰国後、神奈川フィルハーモニ管弦楽団にて契約団員を務める。第8回大阪国際音楽コンクール管楽器部門木管Age−Uにて第3位(最高位)を受賞。
 これまでにオーボエを佐竹正史、河野剛、小畑善昭、松山敦子、オットー・ヴィンター、ゲルノット・シュマルフス、ヨーゼフ・キシュの各氏に師事。 指導者としても幅広く活動しており、現在、白鵬女子高校吹奏楽部コーチ、県立海老名高校吹奏楽部・県立厚木東高校吹奏楽部インストラクター、市民吹奏楽団BrassOrchestraWIN's指揮者。





佐藤 義人(さとう よしひと) ♪トレーナー(管楽器・合奏指導)




 神奈川県出身。法政大学第二高等学校を経て、武蔵野音楽大学を卒業。クラリネットを船木喜行、十亀正司の各氏に、室内楽を岡崎耕治氏に師事。ローマ歌劇場バスクラリネット奏者サウロ・ベルティ氏のマスタークラスを受講。
 第九回全日本管打楽器ソロコンテスト優秀賞。第十回日本クラリネットアンサンブルコンクールでグランプリを受賞。
 吹奏楽やオーケストラのエキストラ、幼稚園、福祉施設での依頼演奏、レコーディングなどの演奏活動の傍ら、学校の吹奏楽部や一般楽団のクラリネット講師、合奏講師としても活動。現在、芸劇ウィンドオーケストラアカデミー在籍、ヤマハミュージックジャパン委任契約講師。




過去の演奏会の指揮者はこちら